忍者ブログ
うそを書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あるところに、とても美しいお姫様がいました。

まつげは長く、大きな瞳をやさしくふちどっていました。
くちびるはまるでバラの花びらのよう。
長い長い髪は腰まで伸び、いつもすその長いきれいなドレスを着ていました。

そう、お姫様は、とてもおしとやかな方でした。

とてもとてもおしとやかなので、誰がなにを言っても静かにほほ笑むだけでした。
疑問を感じたときにはちいさく首をかしげました。
でも、それだって滅多にないことなのでした。
“言い返す”なんて、とんでもない。
生まれてから一度もしたことがないのでした。

ある日、お父様である王様がお姫様に言いました。

「そろそろお前も年頃なのだから、夫を持たなければならない」
お姫様は、静かにほほ笑みました。

「わが国は小さくて、貧乏だ」
お姫様は、静かにほほ笑みました。

「そのため、お前の夫は金があり、力のある男でなければならない」
お姫様は、静かにほほ笑みました。

「ドドラリア王国の第三王子をお前の夫とすることにした」
お姫様は、静かにほほ笑みました。

そして、その日は突然やってきました。



にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kokomama
性別:
女性
自己紹介:
“ママ友ゼロの育児”ブログと“kokoのおもちゃカタログ”というブログもやっています。
興味のある方は左サイドの“リンク”からお入りください。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   kokomamaのうそ日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]