忍者ブログ
うそを書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kokoと公園のベンチで一休みしていると、
後ろから声をかけられました。
振り向いてみるとシーツが広がっていました。
「ほえっ?!」

よく見るとシーツに目鼻があります。
「こんにちは。ぼく一反もめんです」
「(どこが一反じゃ)…はあ」
「八畳一反もめんっていう種類なんです」
「…すみません。一反もめんに種類があるとは存じ上げなくて」
「ぼく珍しいんです」
ちょっと自慢げです。

「そんな珍しいぼく、一緒に暮らしてみませんか」
「はあ?」
どうやら八畳一反もめんさんは棄てられたらしいのです。
まだハンカチくらいだった頃に買われたのですが、
どんどん大きくなって、
そのうち八畳にもなるということが飼い主にリアルに感じられるようになったら
棄てられちゃったんだそうです。

「…お気の毒に。でもあなたはずいぶんしっかりしているみたいなのに、
飼い主のおうちってわからないの?」
「わかりますよ」
「じゃあ帰ったらいいじゃないですか」
「棄てられたんですよ?!どうしてのこのこと帰れますか!
それに、また棄てられたら…!そんなの、耐えられない!」

「…あなたが飼ってくださいよ」
「どうしてわたしなんです」
「お子さんがいらっしゃるじゃないですか。
子どもがもう一人増えたってどうってことないでしょう」
ペットかと思ったら養子にしろと言ってますよ、この方。
ちょっとずうずうしいじゃありませんか。

「やですよ」わたしはきっぱりと言いました。
「たぶん保健所だってあなたを捕まえたりしないですから、
その辺にいたらいいじゃありませんか」
「それじゃホームレスじゃないですか!」
「それがいやならおうちに帰りなさいよ、
きっと飼い主さんもあなたを棄てたことを後悔していますよ」
「…!そうでしょうか…」

なんとかいいくるめてその場を離れてきました。
でもね、あいついまひとつ性格的にも問題がありそうだから
また棄てられるんだろうなあと思うんです。
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kokomama
性別:
女性
自己紹介:
“ママ友ゼロの育児”ブログと“kokoのおもちゃカタログ”というブログもやっています。
興味のある方は左サイドの“リンク”からお入りください。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   kokomamaのうそ日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]