忍者ブログ
うそを書きます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

も~もたろさん も~もた~ろさん

しゃんしゃんという鈴の音とともに上のほうから歌が聞こえてきます。
歌はあの、なんだか甲高い子どもの声の、童謡のCDに入っていそうな楽しげな音楽です。

上?

空を見上げると、二頭立てのトナカイが引くそりに、サンタクロースじみたおじさんが乗っていました。
歌はどうやらおじさんのうしろに積まれているCDラジカセから流れてくるらしい。
それが、しゃんしゃんしゃんと鈴の音も軽やかに、頭上を横切っていくのです。

サンタクロースじみた、というのは、白いひげと小太りな体でありつつも、服があの赤と白のユニホームではないからです。
派手なTシャツと、半パンツ…。

そしてなぜ桃太郎…。

つい眉間にしわを寄せながらじいっと見つめてしまいました。

わたしの不快感があまりにも表に出すぎていたかもしれません、サンタクロースじみたおじさんはわたしに気がつきました。
ラジカセのスイッチを切って、こちらに話しかけてきました。

「ホーホーホゥ!おくさん、なにか御用ですかな?」

よく見るとサンタじみたおじさんは日本人のようです。

「いえ別に…」
慌てて目をそらします。

「まさかまさか。そんなにこちらをごらんになっていたくせに」

「すいません、あんまり空飛ぶそりをみたことがなかったもんですから…失礼しました」
さっさと逃げ出そうとしましたが、おじさんはまだ解放してくれないようです。

「それならせっかくですからもっとよくご覧になったらどうですか」

「いえ、結構です。急ぎますんで、失礼します」

「小生がかけている音楽が、“こども童謡シリーズ2~はじめての鬼退治~”であることが気になるのではないですかな」

…そんな題名だったんだ…。そしてそれが気になることであるのをわかってかけてたんだ…。
「イエ…」
あいかわらずkokomamaは目をそらしたままです。

「小生はこれが好きでしてな。こいつらを(といいながらトナカイたちをさす)走らせるとき、時々かけるのですよ。こいつらもこれは好きらしいんでしてな」

「そうですか…それじゃ」

「“童謡”これがまた奥が深いんですな。いかがですか、聞いてみませんか」

「イエ…(確かに鬼退治って桃太郎と一寸法師以外に何があるんだって言う気はするけど)」

「シリーズの2は“はじめての鬼退治”!このセンスもなかなかでしょう。奥さんは桃太郎以外に鬼退治をするヒーローをご存知ですかな」

「一寸法師とか…(ヒーローて)」

「一寸法師!さすが奥さんよくご存知ですな。しかし他にも鬼退治のヒーローはいるんですぞ」

「そうなんですか…」

「奥さん小さいお子さんはおうちにおられませんか。どうですか、このテープ、一本お買い上げになりませんか」

「!(セールスだ!しかもテープ!)」

「今なら“こども童謡シリーズ”全10巻で3000円ですぞ!」

「(一本300円…うさんくさ…)」

「しかもわたしはサンタ!このとおり空飛ぶそりも持っている!お子さんのお名前はなんですかな、もしかしたら今年のクリスマスには、ちょっといいものをもっていってあげられるかもしれない」

「なんと!(ちょっとお得?イヤイヤ)」

「ええい、“こども童謡シリーズ”に、お試し版“こどもおはなしシリーズ”のテープを一本つけちゃおう!」

「イヤうちもうテープ聞けないし…」

「なんですと?!テープが聞けない?じゃあこのテープレコーダーを」

「あのあの、もう結構ですから!」

結局走って逃げました。
でも、空から追跡されたら逃げられない、と気が気じゃありませんでしたよ。
幸いサンタじみたおじさんは追ってきませんでしたが、今年のクリスマスがちょっと怖いkokomamaです。



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
PR
今日は仕事で外回り。

知らない町で迷子になりました。
ここはどこだろう。

いいお天気だったし、仕事の約束までは時間があったので、お散歩気分でのんびり歩いていました。
こちらのお宅はお庭の花がきれいです。
小さな緑の多い公園もあります。
おひさま、ぽかぽか~。

すると前方に黒い影。

…忍者だ。

黒装束の忍者が、あの、“忍者走り”でしたたたた、とこっちに向かってかけてきます。
えっ、何?なんか、ヤダ!
kokomamaは内心慌てながらも、それが表に出ないように何食わぬ顔をして歩き続けました。

忍者は、しゃっとkokomamaの脇を走り抜け、そのまま行ってしまいました。

…ずいぶん目立つ忍者だなあ。

それっきり、忍者とは会いませんでした。
仕事の約束までには、正しい道を見つけて目的地に到達することができました。

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
今日はkokoのお誕生日パーティーを開きました。

お客様はもりのどうぶつたち。
「くまさーん」「はーい」
「きつねさーん」「はーい」
「うさぎさーん」「いるよー」
「りすさーん」「はーい」

kokomama「あれっきつねさん、ごちそうはお歌のあとだって言ったじゃない!」
koko「ずるーい」
くま「ずるいぞ」
きつね「んぐんぐ、何も食べてないよ」
うさぎ「うそ!お口が動いてるよ」
くま「ぼくだってがまんしてるんだぞ!」

きつね「(ごくん)何も食べてないってば」
うさぎ「あれ?ほんとにごちそうは減ってないわ」
くま「ケーキもちゃんとあるぞ」
koko「あれー?」
kokomama「そうなんだ?じゃあハッピーバースデイを歌うよ!」

楽しいパーティーでした。
来てくれてありがとう、くまさん、きつねさん、うさぎさん。

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ぷるぷる~。

あっこれなんだ?

ぷるぷるぷる~。

みみみ水っぽ~い。

ぷるぷるぷる~。

ふるえてる…おびえてるの?寒いの?

ぷるぷる~。

えいっ食べちゃえ!ぱくりっ。

ああ、ぷるぷるなくなっちゃった。
きっとおなかの中でぷるぷるしてるんだろうな。
 

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
kokoと公園のベンチで一休みしていると、
後ろから声をかけられました。
振り向いてみるとシーツが広がっていました。
「ほえっ?!」

よく見るとシーツに目鼻があります。
「こんにちは。ぼく一反もめんです」
「(どこが一反じゃ)…はあ」
「八畳一反もめんっていう種類なんです」
「…すみません。一反もめんに種類があるとは存じ上げなくて」
「ぼく珍しいんです」
ちょっと自慢げです。

「そんな珍しいぼく、一緒に暮らしてみませんか」
「はあ?」
どうやら八畳一反もめんさんは棄てられたらしいのです。
まだハンカチくらいだった頃に買われたのですが、
どんどん大きくなって、
そのうち八畳にもなるということが飼い主にリアルに感じられるようになったら
棄てられちゃったんだそうです。

「…お気の毒に。でもあなたはずいぶんしっかりしているみたいなのに、
飼い主のおうちってわからないの?」
「わかりますよ」
「じゃあ帰ったらいいじゃないですか」
「棄てられたんですよ?!どうしてのこのこと帰れますか!
それに、また棄てられたら…!そんなの、耐えられない!」

「…あなたが飼ってくださいよ」
「どうしてわたしなんです」
「お子さんがいらっしゃるじゃないですか。
子どもがもう一人増えたってどうってことないでしょう」
ペットかと思ったら養子にしろと言ってますよ、この方。
ちょっとずうずうしいじゃありませんか。

「やですよ」わたしはきっぱりと言いました。
「たぶん保健所だってあなたを捕まえたりしないですから、
その辺にいたらいいじゃありませんか」
「それじゃホームレスじゃないですか!」
「それがいやならおうちに帰りなさいよ、
きっと飼い主さんもあなたを棄てたことを後悔していますよ」
「…!そうでしょうか…」

なんとかいいくるめてその場を離れてきました。
でもね、あいついまひとつ性格的にも問題がありそうだから
また棄てられるんだろうなあと思うんです。
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kokomama
性別:
女性
自己紹介:
“ママ友ゼロの育児”ブログと“kokoのおもちゃカタログ”というブログもやっています。
興味のある方は左サイドの“リンク”からお入りください。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   kokomamaのうそ日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]